上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --
--- スポンサー広告
top
あいだが空いてしまいましたが前回の続き。中山から平井への道です。
中山の頂上からは小さなアップダウンが1時間程度、苦しいところもなく続きます。
中山から平井へ
中山から平井へ

良い感じに伊丹空港が見えてきました。
中山から平井へ、伊丹空港が見える
いつもは高圧電線が必ず入ってくるんですよ。

延々と歩いてくるとプッツリと道が途切れます。尾根道の最後はガレ場になっておりまして中山頂上からここまで来て一服するのがいつものパターン。
平井のガレ場
このガレ場を下るとすぐ横に人家があります。凄いところだ。

このガレ場、けっこうな斜面です。ご近所の人はこのガレ場を上り下りするのを日課にする人が居るようです。
平井のガレ場 平井のガレ場
今日はここが終点ですので下りのみで楽チン

この山10年ほど前に大規模な山火事を起こしてます(2004年の春だったかな??)。数年前までは焼けこげた木々が痛々しい姿を晒していました、10年経ってやっと焦げた木々が目立たなくなったところです、本来の姿を取りもどすにはまだ時間が必要です。
平井のガレ場
いたる所に山火事の注意看板があります。当時は平井の住民には避難命令が出ました、迷惑な話です。

平井の沢にも面白そうなところがいっぱい。。もっとたくさん来れば良かったかな、、いまさら反省。。汗(^^ゞ
平井の沢

さてさて、今回が宝塚住民として最後のブログです。
市役所へ行って転出届を出してきました、よって現在は住所不定の身です。次にブログ更新する時は少しは落ち着いてるかな??次回更新は日が空くと思いますが、新しい地でも自然を楽しむ生活を送りたい所です。



スポンサーサイト
2014.03.25 Tue
お散歩カメラ --- ご近所の風景
コメント (0) トラックバック (0)
top
暖かい日が続きますね。
15日の休日は暖かさに誘われて中山寺の梅園に行って来ました。まだ少し早いようで5~6分咲きでしょう、人もそんなに多くなく、園内をゆっくり散策させてもらいました。
中山寺・梅園公開

梅とお地蔵様
この梅園に来るのは何度目だ?4~5年は来てますね、自宅からお散歩歩きで20~30分良いところに住んでたと改めて実感。

さて、梅園で春を楽しんだあとは中山の頂上までいつものようにトレッキング。転勤の日が近づきこれが最後になるといつも以上に自然を楽しみながら歩きます。
2日前の大雨のせいでいつも以上に沢の水量が多いのはグッドです。
中山・水量アップ

この水量のおかげでこんな物を発見!!
岩から水が噴水のように飛び出してます。吹き出す高さは2m弱、私の頭より上まで飛んでます。なんで??登山道から見ても意味が判らないので沢に降りて確認することに。。
噴水高さは2m弱
噴水が写ってるの判るかな??

吹き出し口を手で触ると岩の割れ目に少しだけ大きくなった穴が開いてる感じ、岩の割れ目に集まった水が偶然空いてた穴から噴出してるのか??
角度を変えていろんな方向から噴出口を撮って見ました。
自然の噴水 水を吹き出す石 こんな事もあるもんだ
水量が少ないと岩の割れ目に水が集まらず、水量が多すぎると噴出口が水没して噴水にならず、、微妙な水量が噴水を実現してるんですね。

天気が良いのと面白い物見つけて気分が良かったので、この日は中山の山頂へ出た後、平井まで尾根を渡って歩くことになります。こんな日は足も軽いもんね。。(笑)
続きは次のブログに回します。

2014.03.17 Mon
自然観察 --- ご近所の風景
コメント (0) トラックバック (0)
top
昨日のお散歩の絵です。
この週末は仕事先のトラブルに振り回されて心落ち着く暇もなかったのですが、天気のいい休日は心の洗濯もしないとね。

自宅を出てプラプラと10分も歩くと武庫川の河川敷。
下流方向には伊丹をテイクオフした飛行機がバンク、上流方向には宝塚駅周辺のマンション群と六甲の山並み。気持ちいいな~~プラプラ歩くだけで心が落ち着きます。
宝塚-武庫川2 宝塚-武庫川1

武庫川をまたぐ阪急電車です。
有川浩の小説”阪急電車”に出てくる石で作られた”生”の文字はこの鉄橋の上流側になります、あれ?映画にはこの場面はなかったかな??
映画は関西エリアではスマッシュヒットだったと思うのですが全国的にはどうだったんだろ?個人的にはお薦めの映画です騙されたと思って見てください。原作小説の方もグッド、珍しくどちらでもOKの作品です。
宝塚-武庫川3 宝塚阪急
宝塚大劇場をかすめるように電車が走ります。

宝塚大劇場の正面付近です、花の道もさすがに冬場は色が乏しく寒い風景が広がります。
宝塚、花の道 宝塚大劇場
阪急宝塚 宝塚劇場
花の道には悲しい思い出があります。
まだ小学校に入る前だったと思いますが両親に連れられてファミリーランドへ向かう途中、迷子になって大泣きした過去があります。ファミリーランドの記憶は全くないのですが、迷子の記憶と花の道のイメージだけが心の奥に擦り込まれてます。

宝塚の生活も残すところ1ヶ月ほど、10年以上住んだ街、都会でもなく田舎でもなく心落ち着く大好きな街になってます。引っ越し準備をしながら思い出に残った場所をもう少しだけ追いかけたいと思います。

2014.02.25 Tue
お散歩カメラ --- ご近所の風景
コメント (0) トラックバック (0)
top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。