上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --
--- スポンサー広告
top
昨日のお散歩の絵です。
この週末は仕事先のトラブルに振り回されて心落ち着く暇もなかったのですが、天気のいい休日は心の洗濯もしないとね。

自宅を出てプラプラと10分も歩くと武庫川の河川敷。
下流方向には伊丹をテイクオフした飛行機がバンク、上流方向には宝塚駅周辺のマンション群と六甲の山並み。気持ちいいな~~プラプラ歩くだけで心が落ち着きます。
宝塚-武庫川2 宝塚-武庫川1

武庫川をまたぐ阪急電車です。
有川浩の小説”阪急電車”に出てくる石で作られた”生”の文字はこの鉄橋の上流側になります、あれ?映画にはこの場面はなかったかな??
映画は関西エリアではスマッシュヒットだったと思うのですが全国的にはどうだったんだろ?個人的にはお薦めの映画です騙されたと思って見てください。原作小説の方もグッド、珍しくどちらでもOKの作品です。
宝塚-武庫川3 宝塚阪急
宝塚大劇場をかすめるように電車が走ります。

宝塚大劇場の正面付近です、花の道もさすがに冬場は色が乏しく寒い風景が広がります。
宝塚、花の道 宝塚大劇場
阪急宝塚 宝塚劇場
花の道には悲しい思い出があります。
まだ小学校に入る前だったと思いますが両親に連れられてファミリーランドへ向かう途中、迷子になって大泣きした過去があります。ファミリーランドの記憶は全くないのですが、迷子の記憶と花の道のイメージだけが心の奥に擦り込まれてます。

宝塚の生活も残すところ1ヶ月ほど、10年以上住んだ街、都会でもなく田舎でもなく心落ち着く大好きな街になってます。引っ越し準備をしながら思い出に残った場所をもう少しだけ追いかけたいと思います。

スポンサーサイト
2014.02.25 Tue
お散歩カメラ --- ご近所の風景
コメント (0) トラックバック (0)
top
2月8日、日本全国は雪模様。東京は大変だったようですね。
関西でもそれなりに雪が降りましたが、この程度は年に1~2度はあることなので特に驚くこともなく、雪国生まれの小生にとっては逆に楽しむことになります。
9日日曜、ここぞとばかりに雪の残る中山を歩くことに、けっこう暖かいと言うか歩き出すと汗ばんできます。止まって冷えることが怖い。

市内の道路に雪は残っていなかったのですが里山に入って10分もすると残雪が見えるようになります。水が冷たそう、冷え込んだ日にはこの沢も氷結するのだとか一度見てみたい。
中山沢登り 中山山頂
山頂付近の雪です。わずか450m程度の山なんですが、下界とは様子が違います。来て良かった(笑)それにしてこの踏み跡、こんな天気でも普段と変わらずたくさんの人が登ってきます。

山頂部の雪の様子、雪の深さは10~20cm程度です。と言うことはピークでも東京都内より雪は少なかったのかな??東京で生活したこともあるのですが、コンクリートに張り付いた雪の上を革靴で歩くなんて雪の山より怖いです。
中山山頂-雪景色

六甲の山並みが良い感じに見えてきました。逆光承知で記念撮影。
六甲山遠景
六甲の山並みは標高900mクラスですから、こことはもう一段違った雪の風景が広がるはず。。激しく行ってみたい。

実は転勤が決まりまして4月からはこの地を離れることが決まってます。
残る1ヶ月と少し、引っ越し準備しながら住み慣れた宝塚をもう少しだけ楽しみたいと思います。


2014.02.11 Tue
写真日記 --- ご近所の風景
コメント (0) トラックバック (0)
top
2月3日、平日なんですけど天空の城・竹田城趾へ行ってきました。
久しぶりの平日の休みで観光地はガラガラと予想していたのですが、結構な人が居ました、この悪天候に皆さんご苦労様。女子大生の風?の女性グループが多かったのに更にビックリ、さすがに売り出し中の観光地ですね。

冬場に車で行けるのは下段の案内所まで、最上部の駐車場は冬場は進入禁止とか。
この場所から城趾までは30~40分の歩きです。
竹田城跡-遠景
実は昨年のGWに一度ここを狙ったのですが、入場待ちの車の列に圧倒されて退散した事がありまして本日のリベンジ。

素人が解説しても無駄なので、興味のある方はこちらの案内をポチッと。。(笑)
竹田城跡-案内板3 竹田城跡-案内板2
竹田城跡-案内板3 竹田城跡-地図
いたるところで工事が行われてまして、亀さんコースしか選択肢は無かったです。
トップシーズンに備えたオフの観光地ですからしかたのないところ。

天守部分の石垣は流石です。
ここを見るだけで歩き40分の値打ちはあります。でも今日のお天気はね、、トホ(^^ゞ
綺麗な絵を見たい方は朝来市のHPこっちを見てください。
竹田城跡-石垣 竹田城跡-天守
天守部分は14~15m角と言ったところでしょうか。
本日は天守部分も修復工事中で立ち入り禁止。石垣の下を歩測しました。

天守部分は標高353m、高い山ではないですが急峻な立ち上がりのため町並みが足元に見えます。
竹田城跡-眺め
正面の山の同じ標高部分がキリに隠れていると言うことは、、ここもキリの中??

子供の頃から聞いた郷里の名所です。近年になって人気がブレークしたようで、もっと早くきていれば良かったと少々反省。今回は天気のせいもあって適当な観光写真しか撮れてませんがそれなりにロケハンも出来ましたので、コンディションの整った時にリベンジかな。


2014.02.05 Wed
史跡・神社・仏閣 --- たまにはお出かけ
コメント (0) トラックバック (0)
top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。